News

2019.02.08
  • イベント
  • メディア掲載
  • お取り扱い店
  • まめ知識
  • 学術研究
  • その他

読売新聞(2019/2/8)「サフラン 甲府ブランドに」

甲府市内で生産された商品を認定する「甲府ブランド」に、サフラン製造販売会社「スリーピークス」(甲府市増坪町)が売り出している「サフラン満喫詰め合わせセット」(3240円税込み)が加わった。食品部門での同ブランド認定は10番目となる。

サフランは地中海原産のアヤメ科の多年草。花から摘み取った赤い雌しべを乾燥させ、料理の香辛料や染料などとして使用する。

県内では栽培されていなかったが、同市の特殊鋼販売業「峰岸商会」の峰岸一郎社長(52)が「甲府は夏場の気温が高く、サフランの生産が盛んな中東と共通点がある」と考え、2017年にスリーピークスを設立して市内の農場で本格生産に着手。茶葉販売会社や菓子メーカーと協力し、サフランを使った商品を開発した。

詰め合わせセットには、サフラン粉末をブレンドしたほうじ茶の茶葉やキャンディー、ラスクなど5点が入っており、料理レシピ集も添えている。峰岸社長は「メイドイン甲府をアピールし、世界に商品を売り出していきたい」と話している。

商品はスリーピークスのインターネットショップ「キツネファーム オンラインストア」や、JA山梨みらいの直売所「獲れたてLand山城店」(甲府市小瀬町)などで購入できる。